最近肩こりが激しい…

こんにちは!

ラグビーの日本代表盛り上がってしますね。5日のサモア戦はほんと興奮しました。

ラグビーのルールがわからないにわかなファンですが、迫力に圧倒されました。

 

このままの調子で、スコットランド戦も勝利をしてもらってぜひベスト8に残って欲しいものです。

 

それはそうと、

最近は、仕事の疲れか肩を凝ることが多くなりました。

 

時間が空いたときには、肩を回したりとほぐすことをやっているのですが、

なかなかよくなりませんね。

 

今後、休みのときにマッサージにいってほぐしてもらってこようかとおもっています。

ダイエットダイアリーは継続しやすい効果的なダイエット方法

最近は、ほんとジメジメして蒸し暑い日が続きますね。

大阪でG20もあってコインロッカーが使えなかったりと多少なりとも影響がありました。

それはそうと、夏に向けて少しダイエットをしようかななんて思っています。

最近、また太り出してきたので少し引き締めようかと思っています。

けれど、なかなかダイエットをするにもうまくいかないことが多くどうしようか悩んでいます。そんな時にちょっと試してみたいダイエット方法があったのでちょっと紹介しますね。

それは、ダイエットダイアリーというダイエット方法です。

その名のとおり、ダイアリーつまり日記を付けるということみたいです。

このダイエットダイアリーを活用してダイエットをしている人は少なくないようで、効果を可視化することによってやる気を維持するといったようです。

いつまでもダイエットをしていても体重が減らないことから、意欲が低下したという人もいます。ダイエットの途中で挫折しないで、長く続けることができれば、必ず結果を残すことができるようになるでしょう。

ダイエットダイアリーをつけることで、自分が今まで取り組んできたダイエットの成果を体感することができるようになり、これまで、自分がダイエットのためにどれだけ頑張ってきたかを知ることができるようです。

ダイエットダイアリーをどのようにつけるかは人それぞれで、詳細に書く人もあれば、大まかに書く人もいます。

詳細に記録を残したい場合は、毎日決まった時間に体重を計測して記録し、食べたもの、運動の内容、いつもと違う行動などを書いていきます。栄養バランスが偏っていないかや、運動量は足りているか、食事の内容に問題はないかなどを、日記をつけることで客観的に確認できます。

他にも、ウエストや太もものサイズを記録するなど、改善したいポイントや力を入れていることなどをダイアリーに記録するのも良いでしょう。

そこまで細かく記録するのが面倒だという人は、時々体重をはかって記録し、外食や間食をした時だけ日記に書いてもいいでしょう。

時々ダイアリーの記録を読み直し、自分がどこまでやり遂げたかを確認することで、日々の積み重ねを再確認することができるといった感じです。

少しめんどくさいようですが、これを毎日数分でいいのでやることで、意識が生まれ痩せやすくなるそうです。

試しにやってみようかなーなんて思っています。

令和時代の株価はどうなっていくんだろう…

平成の時代が終わりました。平成は大きな自然災害が多かったように思いますが、戦争が無かったという事では、平和な時代でした。

しかし経済に於いてはバブルの崩壊から、長期のデフレを招き陰々滅々と暗い時代が続いたように思います。

平成元年の1989年12月29日の大納会、日経平均株価は38,957円を最高値に値を崩し、100年に一度と言われるリーマンショックもあり、2009年には7,054円の大底を付けました。

2012年安倍首相の再登板から、日銀の異次元緩和アベノミクス効果もあり、世界経済も好調日経平均は現在22,500円代。さて来るべき令和時代は上げ上げ相場となるでしょうか?幸い日本株が連動するアメリカ株は史上最高値を更新する勢い、米中の貿易戦争も交渉が進んでいるという事で、環境は悪くないようです。

アメリカ株のように日本も史上最高値の38,000円超えを目指すとなると上昇余地は大きくワクワクします。史上最高値はともかく、30,000円越でもインパクトは大きいと思います。

日本株上昇の要因はあるでしょうか?

5G・AI・自動運転・IPS細胞・キャッシュレス決済等々。人類の未来、日本の未来は明るいのです。夢みたいと言われるかもしれませんが、令和相場は平成以上のなることを期待したいと思います。

今年はいつでも野球中継を見ることができるぞ(笑)

私はカープが大好きなカープ男子です。

ほどほどスポーツのテレビ観戦、ニュースは観ます。

駅伝もゴルフもサッカーもフィギュアスケートも相撲もオリンピックも好きです。

あまり観ないサッカーはもちろん、カープがあればオリンピックも他のプロスポーツもなくてもやっていける程カープが好きです。

今年からシーズン中は土日は毎週、DAZONで試合中継を観て過ごす事に幸せを感じます。

テレビ中継しかなかった頃には考えられないことですね。

でも、この時間の過ごし方がもったいないと思った事はないです。平日でもナイターをやってる場合は必ず観て、晩酌をしています。

今年の開幕戦は丸選手が悲しげにしてた以外は最高でした。

開幕戦はほんと大瀬良投手はよくやったと思います。

そのほかは安部選手ののソロで先制、あの菅野投手からよく打ったと思います。

今は、ネットが充実しているのでいつでもどこでも野球中継を見ることができてほんと幸せです。

今年も広島優勝で間違いないですね(笑)

男もスキンケアをする時代ですね。

乾燥肌で悩むのは女性ばかりではなく、男性でも肌トラブルの対策をしている人も少なくないようで、私もその一人です。

男性が使うためのスキンケア化粧品も多く販売されており、女性に負けないくらいスキンケアに力を入れている男性もいるようです。

そこまでは行っていないですが、パックなどしてみたいと思ったりもします…

女性がスキンケアをするように、男性もスキンケアをすることが一般的になってきていて、男性の多くは、ヒゲをカミソリや電動シェイバーで剃っているので、肌への負担も大きくなっています。男性は女性に比べて、肌は丈夫にできていますが、毎日刃で肌を擦ることで、乾燥に悩む男性も多いようです。

ひげ剃りの後は、洗顔をしてシェービングクリームを洗い落とすものですが、洗い方がぞんざいだと、肌トラブルの原因にもなるそうです。肌に残ったクリーム剤は、肌の乾燥を招くようなことがあると考えられているようです。

まれに起きることならいいですが、習慣になっていると肌へのダメージが増えカサカサするといった乾燥肌の悩みにもつながってしまうようです。

こういったものは男性専用のスキンケア用品が売り出されていますので、積極的に使っていきましょう。

肌の手入れをすることで、乾燥肌を防いで、潤いのある肌になり、乾燥肌が気になる場合には、ヒゲ剃り以外でも、洗顔後は多少面倒ですが、化粧水などを使って肌の水分補給をしてみることをおすすめします。

洗顔や、ヒゲ剃りを行うことで皮膚負担がかかり、乾燥肌になりやすくなっていますので、保湿ケアをすることは若さを保つ上でも重要です。

若い人ばかりでなく中年男性もスキンケアを気にする時代になってきたということですね。

インナーのラインが目立たないはヒートテック暖かい?

寒い日が続きますね。

どうも外に出ると体が冷えてしまって困っていたのですが、先日、イオンに買い物に行った時にユニクロで初売りでセールをしていたので行ってきました。普通にヒートテックを追加で買おうと思っていたのですが、ヒートテックのTシャツ版とやらも売っていることを発見!!

いつも普通のTシャツを着ていたので、せっかくヒートテックを着ているのになかなか暖まらないななんて思っていたんです。

なので、せっかくなので試しに購入しました。

 

これ、夏にインナーが目立たないっていうので買っていたもので冬用のものを出ていたんですね。

さっそく着てみると、以前に普通にTシャツを着ていた時よりは暖かい気がします。

 

仕事中でも外に出た時に以前のように寒さを感じることが少なくなったのではないかと思います。

セールで安い時だったのでこのインナーのラインが目立たないはヒートテックを買って正解だったかもしれませんね。

この時期になると思い出す楽しかった合宿免許の思い出。

私は20歳の時、兵庫県の離れにある合宿上で免許を取りました。

その合宿上は周囲にスーパーとコンビにしかなく、カラオケやゲームセンター・ショッピングモールなど娯楽になるような施設は何もありませんでした。そのため合宿中、外出は買い出しにしか行くことはなく、多くは合宿の宿舎の中で過ごすことになりました。合宿自体はスムーズに進み、単位を取りこぼすことも無かったため、最短で終了することが出来ました。

しかし合宿自体よりも休憩時間・空き時間の中で同じ合宿メンバーとの仲が深まったことが特に印象的でした。周りには自然しかないため出かける必要も場所もありませんでした。そのため空いた時間は合宿に参加している合宿免許男女できているカップルの人と話したり、お酒を飲みながら語ったりと充実することが出来ました。

中には元々通いで免許を取ろうとしていたが、間が空いてしまってなかなか取れないため合宿に来たという人もいました。いろんな事情でいろんな世代の方が合宿に集まっているため、話していてとても興味を惹かれるものがありました。特に良かったことは世代が違うということです。中には親と同じ世代の方が免許を取りに合宿に来ていました。どうやって仕事を休んだのかやなぜ今になって免許を取るのかなど、20歳の私には想像できないような将来の話も聞けました。

また合宿上という閉鎖空間でいろんな世代の方と密に話すことが出来たことでどんどん仲良くなっていきました。そのうちにお互いの合宿の進捗状況を話したり勉強を教えあうなど、協力できる関係を築くことも出来ました。

合宿上では免許に関すること以外にも、世代を超えたコミュニケーションや集団生活など色々なことを学ぶことが出来ました。

港区「神谷町駅」近くにある愛宕神社『出世の階段』を登って開運。

 

愛宕神社といえば、有名なのが『出世の階段』ですね。

以前から一度行った見たかった場所で、なかなか行くことができませんでした。

愛宕神社は、東京メトロ日比谷線だと徒歩5分、JR新橋駅からだと徒歩15分ぐらいかかります。

私は、JR新橋駅から虎ノ門を通って行ってきました。

ちょっと遠回りでしたが、久しぶりに街ブラをしたんでいい気分でしたよ。

愛宕神社って、意外とわかりにくいところにあるんだなという印象。周辺をぐるぐるしてしまってなかなか見つけることができませんでした。ちょうど通りにあってわかりにくかったかもしれませんね。

参道に行くとすぐに『出世の階段』通称『男坂』。

 

想像したよりも急だったので驚きですね。

 

登るだけでもかなり疲れますよ。

 

天然の山としてはこれは23区内で一番の高さだけあります。

 

『出世の階段』通称『男坂』を境内に。

 

ご利益があるように

招き石をなでなで

本殿のすぐ前にあり触られすぎているのかツルツルです。

 

この神社は徳川家康公が創建したとのことで雰囲気がありますね。

 

手水舎で気持ちを整え

あとは、社殿⇒太郎坊社 ⇒福寿稲荷社神社⇒弁財天社と参拝をしてご利益を頂きました。 

 

休日ということもあって多くの参拝者がいましたが、これで少しでも出世できるようにより頑張ろうと思います。

 

 

プログラミングを学習してよかったこと

プログラミングを習得してよかったとされることは、スマホのアプリを作ったりすることでIT系の会社に入ることが出来たことです。

昔ならC言語やCOBOLといった具合にこの二つを習得すれば簡単に仕事につくことは出来ました。

ですが最近だとニーズとして多いのはスマホのアプリ開発に使用している言語を習得しているかどうかに掛かっています。iphoneだとSwiftアンドロイドだとJAVAといった具合にニーズにあったプログラミング減を習得しているだけでお仕事はたくさん来ます。

スマホのゲーム開発だったり、GPS機能の向上プログラミングだったりと様々な仕事が舞い込んできます。逆にニーズがなくなった言語だと、会計プログラムであるCOBOLなんかは今、まったく必要とされていません。その理由は単純でプログラムを打ち、計算するといった処理をしなくても現在のパソコンやスマホの会計ソフトを使えばプログラムで計算命令を打ち込まなくても普通にアイコンをクリックしたりすると計算をしてくれるため誰でも使用できるようにインターフェースがなっているため、COBOLなんかは廃れていきました。

これは発展途上であるスマホという分野が今プログラミングができる人を募集していてその分野のプログラミングを習得しているのであればこれからも大いにスマホのアプリ開発で活躍できるでしょう。

ですが、スマホのプログラミング技術が進み、ソフトウェアの性能が上がり誰でも簡単にプログラムが作れるようになると話は変わるでしょう。

ですが、まだその誰でも簡単にプログラムが作れるレベルまで入っていませんし、ロボット開発などの分野のプログラミングに関しても、新しい言語は生まれていますがまだ、使いこなせる人はいません。

これからプログラマーを目指す人がいるのであれば、ロボットのプログラミングは必要な部門なのですがプログラムを扱える人間がまだ少ないのでそういった分野に飛び込むことで新しいプログラマーとしての可能性を引き出すことは出来るでしょう。

東京で社会人プログラミング教室を探しているのであればすごく参考になりますよ。

森保Jサッカー日本代表対パナマ戦3-0で勝利しましたね。

今日は、サッカー日本代表の試合が新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで行われていましたね。

今回の親善試合は、海外組を招集されていましたが、若手の起用が多くフレッシュなメンバーが多かったような気がします。その中でもオーストリアのザルツブルグというチームに所属している南野拓実が良かったですね。

前回の試合に続き2試合連続ゴールとなっていました。

パナマの選手のコンディションもあると思いますが、とりあえず3対0はいい結果ではなかったかと思います。

伊東純也選手も良かったですし、サイドバックのFC東京の室屋成選手も積極的に攻撃に絡んでいったのですごくよかったと思います。

今回CB冨安健洋も10代と若いのに落ち着いたプレーをしていたのではないかと思います。

コンビネーションなどはまだまだな部分はあると思いますが、若手が台頭してきたことはとてもいいことなのではないかと思います。

 

次節の10月16日に行われるウルグアイ戦これがホントの力がわかる機会なのでなないでしょうか。

 

楽しみにしています。